事故物件でも無料査定は可能!相見積もりをするために活用すべし

事故物件でも無料査定してもらえます。これを利用してお近くの不動産が提示した金額と比べてみてください。事故物件を売却する際でも相見積もりをして相場を確認するのは基本です。

事故物件の査定方法は仲介と買取によって異なる

仲介の査定額は想定価格

事故物件の仲介というのは、不動産業者に買主を探してもらい売却する方法です。

仲介における「査定額」とは、あくまで仲介会社の売却想定額であるため、購入者が現れなければ現金化することができません。つまり、どの価格帯で売却できるかは実際に売りに出してみなければわからないということになります。

仲介による査定額も複数社に出してもらい比較することで、その事故物件の適正価格を知ることができます。

買取の査定額は実際に売却できる金額

買取は、不動産業者が転売を目的として物件を買い取る方法です。

買い取りの場合の購入者は不動産会社であるため自社が判断した評価額を提示してきます。そのため事故物件の所有者がその提示価格に納得しさえすればすぐに売却となります。

仲介の方が売却よりも査定価格が高い傾向にありますが、事故物件をすぐにでも手放したいという場合は買い取りのほうがスムーズです。

事故物件を無料査定してもらう方法

不動産一括査定サイトを利用する

事故物件でも不動産一括査定サイトを使うことはできます。

所有する事故物件の査定を複数の業者に一括で依頼することができるので、相場よりも安いといわれる事故物件であっても相性の良い不動産や、訳あり物件を得意とする不動産業者に出会えれば良い条件で売却することもできます。

買取業者の無料査定に申し込む

買取業者の中には無料査定を行っている業者もあるため、事故物件の売却に困っている場合は相談してみてください。

訳あり物件を扱っている業者であれば事故物件の取り扱い経験も豊富で転売するノウハウも持ち合わせているためマイナスのイメージが付いてしまった事故物件も正しく評価して査定してくれます。

また、遠方の物件が事故物件になった際も出張査定を無料で行っている専門業者もあるので事故物件の売却方法や査定についてお困りの際は相談してみてください。

 

➡事故物件の無料査定は成仏不動産で行っています。

 

買取ってもらう際もは一社だけで決めない【相見積もりの勧め】

事故物件を買い取りしてもらう際も複数の会社に査定してもらい見積もりを出してもらうことは大切です。これを相見積もりといいます。

事故物件を処分する際、不動産会社に相談しても拒絶されることもあります。そのため、買い取ってくれるという会社が現れると渡りに船とばかりに安くても処分できるなら仕方がないと処分したくなるかもしれません。

しかし、事故物件であっても大切な資産です。

有利な条件で買い取ってくれる会社は探せばいくらでもいるわけですから、最低でも3社以上に依頼して査定してもらうべきです。

買取査定を出してもらうときは「手取り金額」を比較することが大切です。手取り金額とは物件の買取にかかる費用を差し引いての金額です。

買取業者によっては査定価格とは別に手数料を設定していることもあるので、見積もりを出してもらうときは実際の手取り金額を教えてほしいと依頼するも大事なポイントです。

 

➡事故物件でお困りなら成仏不動産に相談してみてください。