事故物件は相続前でも処分は可能!ただし、相談する業者は厳選すべし

相続前の物件が事故物件になってしまった。

一刻も早く処分したいなら相続のサポートもしてくれる事故物件の専門家に相談したほうが良いでしょう。

相続前の事故物件について成仏不動産に相談する

成仏不動産では相続前の事故物件でも査定してもらえます。

事故物件とは遺産であることには違いないので、遺産分割協議のためにはその不動産の資産価値を確認する必要があります。

今すぐ売却という場合でなくても無料査定は可能ですので相談してみるとよいと思います。

その他、相続手続きなど相続に関する様々な問題に関しても無料で相談サポートも行っています。

➡事故物件の相続問題でお悩みなら成仏不動産にご相談

事故物件を相続することのリスク

事故物件の場合、不動産の評価額が下がるので相続税が減額される可能性がありますが、課税自体が免除になることはないので経済的な負担になるリスクがあります。

また、不動産を相続した場合、毎年固定資産税を支払わなければならないのですがこれに関しては事故物件であるという考慮は一切ありません。

事故物件の責任回避のために相続放棄

相続放棄すれば負債や税金から逃れられる

相続者は相続するプラスの財産だけでなく、借金などの負債も引き継がなくてはなりません。

相続放棄は相続する財産が借金などでマイナスとなる場合に行われる方法です。

事故物件を相続することで経済的リスクを抱えることになるのであれば相続放棄もやむを得ないといえます。

すべての財産を一切相続できないため注意

相続放棄をすることで経済的リスクを回避するこができますが、後々それを上回る財産があるということがわかっても一度相続放棄してしまうと受け取ることができません。

相続放棄ができるのは、相続があるということを知ってから3ヶ月以内です。

相続してから売却する

事故物件を相続してしまった場合、それを保持している限り固定資産税を支払わなければなりません。また、建物は時間が建てば立つほど資産価値も下がっていく上に事故物件というマイナスのイメージが付いた物件は買い手がつきにくいです。

そのため、相続後に手放すにしてもその判断は早いに越したことはないのです。

 

まとめ|事故物件の相続は専門家に相談

相続財産に含まれる不動産の評価は、通常でも簡単ではありません。その不動産が事故物件となると相続手続きも複雑。相続すべきか放棄するかも含めて事故物件の取り扱いに経験豊富な専門家に相談することが大切です。

成仏不動産なら無料で相談サポートを受けられますので、事故物件の相続問題でお困りであるならば一度連絡してみると良いでしょう。

 ➡成仏不動産に相談してみる