事故物件を現金化する!仲介と買取どちらを選ぶかはケースバイケース

所有する物件が事故物件になってしまったけれど、二束三文で手放すのは嫌だ、できるだけ高く売って現金として残したいと言う場合、仲介と買取のどちらを選べば良いでしょうか?

ここでは仲介と買取のふたつの売却方法のメリットとデメリットを解説していますので、事故物件売却を成功させるためのヒントにしてください。

 

事故物件を専門に扱う不動産に相談してみる

 

事故物件を現金化する2つの方法

■不動産仲介で一般の人に売却する

不動産会社に物件の価格を査定してもらい、広告やチラシを通して一般の人の中から買い主を探してもらう方法です。

■不動産会社に買取ってもらう

買取は不動産会社が買い主となるため、物件の所有者は不動産会社と価格や条件について直接交渉することになります。

不動産仲介のメリットとデメリット

メリットは価格の設定が自由であること

不動産仲介で売買する際の価格は、売り主が価格を自由に設定することができるため、不動産会社に買い取ってもらう価格よりも高く設定することができます。

デメリットは設定通りの値段で売れるとは限らない

  • 売る主が価格を設定したとしても、事故物件であることから敬遠されそのままの価格での買い主が見つかる可能性は低いです。
  • 事故物件は購入希望者から値下げを切り出されることが多いため仕方なく値下げし、結果的に買取での見積額よりも少ない金額での売却になるケースも少なくありません。
  • 事故物件の特殊清掃やリフォーム・遺品整理は売り主が行わなければならないので、別途に費用がかかります、また、仲介手数料が発生するということも忘れてはいけません。
  • 売却後にトラブルがあった際、売り主が責任を負わなければなりません。つまり、損害賠償を求められるリスクもあるということです。

不動産仲介が向いているケース

買い手がつくまで時間がかかっても良いからできるだけ高く売却したいというときは、不動産仲介がよいでしょう。

例えば、事故物件といっても建物の状態が良かったり、立地条件が良い場合は一般の買い手が見つかる可能性があります。

 

買取保証を選ぶ方法もある

不動産仲介で一定期間、売却を試みても売れなかった場合、「不動産会社に買い取ってもらうという仕組みです。不動産会社の買取は気が進まないという場合は、先に仲介で売却を試みてからにしても良いかもしれません。

 

不動産会社買取のメリットとデメリット

いちばんのメリットは即時に現金化できること

■スピーディに売却可能

買取のメリットは速やかに売却できるということです。買取は不動産会社が買い手となるので最短で2~3日ぐらいで現金が振り込まれることもあります。

購入者を見つけなくても良い

事故物件でも良いという不動産購入者を探すのは簡単ではありません。そのため購入者探しには必要以上に時間がかかる場合があります。買取にすれば購入者探しの手間が省けます。

■内覧希望者への対応をしなくて良い

仲介にした場合は内覧への対応は売り主が行わなければなりません。内覧する際にはクリーニングやリフォームをして物件を見栄え良くしておく必要があります。また、告知義務も売り主が負うので対応を間違えると売れるものも売れなくなってしまいます。

■仲介手数料がかからない

大抵の場合、事故物件は通常の相場より低くなりますが、仲介手数料がかからない分コスト削減することができます.

■事故物件をそのままの状態で手放せる

仲介で売却する場合は、物件の清掃や修繕など売り主が行わなければなりません。買取金額はそれらの費用を相殺して低く見積もられているため、事故物件をそのままの状態で処分することが可能です。

■売却後のトラブルに責任を負わなくて良い

不動産を売買する際には、売主に「契約不適合責任」が生じます。契約不適合責任とは、売却後の不動産に何らかの不具合(破損や雨漏りなど)が見つかった際に補償しなければならないというものです。

また、事故物件を売却する際は告知義務を果たさなければならないのですが、それを行わなかった場合は損害賠償を受けるリスクもあります。

不動産会社が買い取とった場合はこれらの責任が一切問われることがないので、売却後のリスクから完全に解放されます。

デメリットは価格が低くなること

買取価格は仲介売却よりも低くなってしまうことです。これは、事故物件の清掃やリフォーム、遺品整理などにかかる費用が相殺されているからです。

不動産買取が向いている2つのケース

1.すぐにでも事故物件を手放したい

事故物件の特殊清掃や残置物処分と言った手間から解放されて一刻もはやく手放したいという場合は、相談から売却まで2~3日で解決可能なのでメリットが大きいです。

また、買取業者はチラシや広告で宣伝することはないので近所に事故物件であることを知らせずに処分することも可能です。

2.そのままの状態では売却が難しい場合

事故物件に臭いや汚れあるいは修繕箇所が多く見られる場合、そのままの状態では一般の人に売却することは不可能。特殊清掃やリフォームを施さなければならない物件の場合は、買取業者に相談したほうがよいでしょう。

事故物件の売却は専門的業者に相談すべし

■事故物件専門の不動産と一般的な不動産の違い

事故物件専門業者は一般的な不動産業務も行いますが、事故物件の取り扱いに慣れているので事故物件にフォーカスした客観的な買取を行ってくれます。

事故物件の取り扱いに慣れていない不動産会社では、事故物件であることを理由に極端な値下げを要求される場合があるので注意してください。

■高値で買い取ってもらえる可能性がある

買取業者は独自の再販ルートを持っているので、事故物件だとしても利益を出せる仕組みが整っています。

そのため、事故物件であっても客観的な相場に即した査定を行うので、一般の不動産の査定額よりも高値がつくことがあります。

また、現金化も早く最短2~3日で入金されるという点もメリットです。

■どのような物件でも買取可能

事故物件を専門に扱っている業者であるので、どのような物件でも業者側から断られることはありません。

また、一般買い主への売却とは異なり、契約トラブルが発生することもないのでスムーズに取引ができます。

 

まとめ|事故物件の相談は成仏不動産に

成仏不動産は事故物件を専門に扱う不動産会社として頭角を表している会社です。

人の死により価値が下がってしまった物件に本来の価値を見出し、正しく評価、再生を得意としている会社なので、事故物件の処分に困っている方は一度相談してみると良いと思います。

➡事故物件の買取について成仏不動産に相談してみる