敷地内に土砂災害警戒区域を内包している!売れないので無償譲渡サイトに登録

敷地内に土砂災害警戒区域を内包している土地の処分方法

 

敷地内に土砂災害警戒区域を内包している土地

がけ崩れや土石流などの土砂災害から都民の生命を守るため、土砂災害防止法に基づき、土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)および土砂災害特別警戒国費による補償は受けられない — 土砂災害とは、急傾斜地におけるがけ崩れや土石流、地すべりなどが原因となり生じる被害のことで、土砂災害の可能性があると予想さ

土砂災害警戒区域に住んでいる

土砂災害警戒区域とは?今住んでいる場所は大丈夫? — 土砂災害警戒区域とは?今住んでいる場所は大丈夫? 1.1 土砂災害警戒区域土砂災害警戒区域がイエローゾーンと呼ばれているのに対し、こちらはレッドゾーンと呼ばれ、土砂災害警戒区域よりも土砂災害による危険性が高いとされ

土砂災害警戒区域 中古住宅

あまり高いものは購入できないので中古戸建てを中心に探していたところ、割に安く築浅の物件がありまそこで危険なところをあらかじめ把握しておくことで、防災に役立てたり、新しい住宅の抑制、既設の住宅でも危険性が高ければ移設を促すために土砂災害防止法がつ

土砂災害警戒区域 やめた ほうが いい

そんな私が言うのはおかしいですが、 土砂災害警戒区域の物件はやめたほうがいいです。 私自身は勿論ですが、身内や友達には絶対にやめるようにれはやはりその名の通り、土砂災害が起こり危険だから住むのはやめた方がいいということなのでしょうか? また土砂災害警戒区域に入っ

 

土砂災害警戒区域 売れない

また必須ではないのですが、住人への説明会を行う自治体が多いため、土地の価値が下がるとして住民に反対されてしまい、区域の指定が思うように進んでいないとこ 土砂災害警戒区域(イエローゾーン)には規制は設けられていません。 けれども安全が確保されているわけではないので、今後次第では土砂災害特別警戒区域