マインドガードDXの評価は?父の脱睡眠薬と栄養補給のために選んだもの

 

夜寝つけないとかかりつけの医者から睡眠薬をもらっている父のために、睡眠をサポートしてくれるサプリはないかと探していました。

最初はテアニンが配合された機能性表示食品である睡眠サプリメントが良いのではと思ったのですが、こちらは起床後のスッキリ感を重視しているサプリメントということなので、寝つきの悪さや不眠気味で眠れない父のようなタイプには不向きです。

睡眠導入効果のあるサプリとしては休息成分がたっぷり入ったマインドガードDXが多くの方から支持を得ていました。

休息成分の他にも153種類の栄養素も含まれているので、これ一つで睡眠と栄養の二つの面からサポートしてくれます。

マインドガードDXは栄養不足がちになりやすい高齢者には一石二鳥のサプリメントでした。

 

マインドガードDXの公式情報はこちらです。 

 

マインドガードDXの評価を口コミから検証

実際に愛飲されている方の口コミをみてみると、

56歳 女性
夜あまり眠れないので日中はだるくて仕方ありませんでした。マインドガードDXを飲んでからは少しずつ不安もなくなり夜も寝つけるようになりました

58歳 男性
疲れているはずなのになかなか熟睡できずにいました。妻のススメでマインドガードDXを飲むようになりました。最初はイマイチかなと思いましたが、だんだんと朝の目覚めが気持ち良くなりました。

48歳 女性
私は睡眠剤を飲まなければ寝られませんでした。でも朝の倦怠感がひどくて・・・朝の弁当作りもとってもつらく、こんな生活を変えたいと思いマインドガードDXを始めました。味が苦手でオレンジジュースと混ぜて飲んでいますが睡眠の方は確実に良くなっています。

47歳 男性
睡眠障害に悩み薬を処方してもらいましたが、服用した次の日の仕事に支障があったので使用中止。薬の使用はこりごりだったのでマインドガードDXを見つけた時はこれだと思いました。毎日飲んでいるうちにぐっすり眠れるようになりました。

57歳 男性
長年不眠になやまされ多くのサプリを試してきました。最初のうちはどれも効果があるのですが、だんだんと体が慣れてしまうのか効果が持続しません。マインドガードDXは熟睡できる体質に変えてくれるとのことで半信半疑ながら始めました。最初はあまり効果がないように思え、今までのサプリの方が良かったかなと思いましたが1週間くらいで寝つきが良くなりました。その後2ヶ月使っていますが効果が落ちるような感じはありません。本当に眠れる体質に変わってきたようです。

63歳 男性
年齢を重ねるにつれて疲れやすく、夜も熟睡できなくなりました。マインドガードDXを飲むと体が温まってよく眠れます。飲み始めてひと月になりますが、少しずつ体も丈夫になってきたように思えます。

マインドガードDXの使用者の口コミに見る評価は以上の通りです。
(著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。)

 

マインドガードの原型となった商品は2006年から発売されており、その後、成分改良が進められ2009年に今の製品となりました。

睡眠・休息サプリとして現在でもロングセラーを続けている健康食品ですが、これだけ歴史が長いとアンチ的な口コミがありそうなものですがマインドガードの場合はそれが少なくネットでの評価も高かったです。

 

こちらはインスタでの口コミです。

眠ろうと頑張れば頑張るほど眠れなくなる不眠症は本当につらいものですよね。日本人の約5人に1人は不眠になやまされているのだそうです。

だからといって副作用の心配のある睡眠薬は使いたくないし、使ってほしくないです。
不眠症の対策としてマインドガードDXへの効果への期待は大きいのです。

味がまずいという口コミに対して

マインドガードDXには原材料にノニが使用されています。

ノニジュースは罰ゲームにも使われるまずい飲み物の代表ですから、味が苦手という人がいるのも致し方ありません。

味が苦手という人は、他のドリンクでわってみてください。トマトジュースや野菜ジュースなど味や香りが強いものと混ぜて飲むと味が気にならなくなります。

価格が高いという口コミに対して

価格が高すぎるという口コミも見受けられましたが、これにはしっかりとした理由があります。

マインドガードDXには天然のノニ100%ジュースやクワンソウ、GAVA、トランスレスベラトロール、イヌリンのほか、食物繊維からミネラル成分まで豊富な栄養成分が入っており、栄養をバランスよく摂取することができます。

成分に妥協しないからこその価格設定なのです。

 

➡口コミでの評価高し!マインドガードDXの詳細は公式サイトで 

 

マインドガードDXの休息成分がセロトニンの分泌を促す

マインドガードDXはあくまでも自然な眠りを促すもので、睡眠薬のように無理やり眠らせるものではありません。

ぐっすり休むことができない原因は神経伝達物質の一つであるセロトニンの低下にあると考えているためマインドガードDXにはセロトニンの分泌を促すための確かな休息成分が濃縮されて配合されています。

セロトニンの原料となるトリプトファンや、眠り草の異名を持つクワンソウや休眠ハーブの代表格ともいえるノニなどの天然成分が自然な眠りと不眠症改善をサポートしてくれるのです。

 

マインドガードDXが優れている点はこの休息成分の圧倒的な配合量にあります。その量は他社商品の25倍。クワンソウやノニをここまで豊富に含んだ休息サプリはマインドガードDXだけです。

 

トリプトファンはセロトニンの分泌のために重要な成分ですが、これを摂取するだけでは意味がなく全ての必須アミノ酸をバランスよく摂ることが良質の休息を得るためには必要です。そのためにマインドガードには厳選された成分が豊富に配合されているのです。

 

マインドガードDXの全ての成分の配合量は公式サイトで公開されていますので、そちらも参考にしてください。

➡ マインドガードDXの成分の詳細はこちらです。

 

マインドガードDXを飲むことで

  • 安心感をコンロトールするセロトニンの材料となるトリプトファン
  • 意欲を高めるノルアドレナリンの材料となるフェニルアラニン
  • 憂鬱な気分を改善してくれるメチオニン
  • 不安を軽減してくれる葉酸
  • ストレスを減らすビタミンB群
  • 憂鬱な気分に関係が深い亜鉛・マグネシウム・カリウムなどのミネラル

など、153種類の栄養素をとることができるのです。

また、ドリンクタイプであることからカプセルや錠剤よりも吸収されやすく効果が実感されやすいのも人気の秘密といえます。

 

副作用や依存症の心配がないので安心して飲める

マインドガードDXは健康食品なので継続して飲み続けても副作用や依存症などがないのがいいですね。睡眠薬を飲み続けることへの不安から解放されます。

睡眠薬はとりあえず眠ることはできるけれども、次の日はスッキリと起きられず一日中倦怠感にさいなまれます。しかも、睡眠薬を常用することで認知機能が低下して、しまいには認知症に至ることもあるといわれています。怖いですよね。

マインドガードDXが睡眠薬をやめるきっかけとなるのであれば、これに越したことはありません。

 

ネットでの評価が高いマインドガードDXですが、さすがに100%の効果は期待できず、中には効果がなかったといっている人もいます。

不眠症の程度による個人差があるので、比較的軽い人は飲んですぐに眠れるようになるようなのですが、長年不眠症で悩んできた人はある程度の期間続けないと、その効果を感じないかもしれません。

様々なケースが考えられるので効果については最低でも3ヶ月は続けてから判断すべきです。

マインドガードDXを最安値で購入する方法

マインドガードDXは薬局やドラッグストアなどで市販されておらず、通販でも楽天やAmazonでの取り扱いはありません。公式通販サイトでの限定商品です。

 

マインドガードDXの一本(500ml)のお値段は通常価格9075円(税抜)なのですが、初回購入に限り6810円(税抜)送料無料なのでこちらが最安値価格になります。※送料・手数料無料

 

あくまでもお試しということなので単品で購入できるようになっています。

定期コースではないのは安心ですよね。

マインドガードDXは休息サプリであると同時に栄養サプリとしても優れていることを考えるとこの値段は納得のいくものだと思いました。

 

➡マインドガードDXの公式通販サイトはこちらです。

 

要望に答えて生まれたマインドガードDXの粒タイプ

マインドガードDXの粒タイプ

マインドガードDXの粒タイプ

 

マインドガードDXがドリンクタイプなのは、その実感力にこだわっているからです。

しかし、

  • ボトル入ったドリンクは持ち運びに不便なので旅行先や帰省したときなどどこでも飲める粒タイプにしてほしい。
  • ドリンクとして飲むには味がきつい

といったお客様の声も多くありました。

そういったマインドガードDXの愛飲者のニーズに応えるべく成分と製造法に研究を重ね生まれたのが高濃度・高品質のマインドガードDXの粒タイプです。

 

マインドガードDXの粒タイプは、現在10000箱突破記キャンペーンとして、2本セットが18150円のところ初回限定価格60%off 価格7340円(税抜)で販売されています。

こちらも定期コースでの申し込みではありません。

マインドガードDX(粒)はドリンクタイプの栄養素をそのまま濃縮して粒にしたものなのでドリンクタイプのものと同等の効果が期待できます。

粒タイプにしたことでのデメリットとしては、ドリンクタイプは飲んですぐに体の中に吸収されるため効果が表れやすいの対し、粒のものは体内で溶けるのを待たなければならないということ、そのため、どうしてもタイムラグが生じてしまうことです。

このタイムラグを回避するために粒タイプは寝る直前ではなく、就寝約一時間ほど前に飲むなどタイミングを見計らったほうが良いとのこと。

この点を気をつけさえすればドリンクタイプと同等の効果が期待できるので、出張先や旅行への携帯にはこちらの粒タイプがおすすめです。

 

➡マインドガードDXの粒タイプの公式通販サイトはこちらです。