土地が狭すぎるので売却できないといわれた!それでも手放したいときは?

売却できないといわれた狭すぎる土地を手放す方法

 

土地が狭すぎる

狭い土地を持つオーナー様のなかには「小さな土地をどう活用するべきか?」「狭い土地でも、収益を上げられるのか?」など土地活用や収益について 狭い土地のことを「狭小地」といいますが、実は狭小地には〇〇坪以下の土地というような定義はありません。かつて住宅金融公庫

狭い土地 建て替え

親の家を譲り受けた土地、古家付きの土地で家を解体すると建て替えできない … 古くからの住宅地などでは、4mよりも狭い幅の道路が多く存在する。狭い土地に建てる「狭小住宅」 その人気の理由とは. 狭小住宅とは、一般的に15坪(50m2)以下の敷地に建てた家を指します。時には、10坪もない7坪や8坪と

建て替えできない土地

親の家を譲り受けた土地、古家付きの土地で家を解体すると建て替えできないことがあります。どんな土地だと再建築ができないのかや、自分の土地の確認 ..再び建築することができないので、買主は活用のできない土地を所有することになります。このように、建て替えできないことは、買主にとってリスクが

再建築不可 救済措置

ただし、接道義務を満たさない敷地にも、一定の救済措置があります。この記事では再建築不可物件の建て替えを可能とする方法を解説しま「救済措置ってよく聞くけど、それってなに?」 再建築不可物件を所有や相続されて困っていらっしゃる方は多くいらっしゃいます。 物件をリフォームし

再建築不可物件 どうなる

こんな物件はゆくゆくはどうなるのでしょうか?税金対策で古屋を残して、大雪等で倒壊するまではネズミだけが居住する迷惑物件として残るのか?それとも利用価値が .. その建築基準法内で、「建物を建てる時は、その土地が幅員4m以上の道路に2m以上接していないといけない」という接道義務が課されており、この接道義務を .