山林を相続したが使い途がないのでいらない!手放したい!3つの方法

相続した山林を手放す方法を解説します。

 

山林を相続したが使い途がない

どうにかして山を有効活用できないか、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。 そこで今回の記事では、山の土地活用を行うなら、絶対に知って思い入れがないわけではないけれど、自宅からは遠く、自分たちが住むわけ … ただし、 相続放棄したとしても、その土地の管理義務

 

山林を手放す

田舎の家を相続したけれど、固定資産税や管理費がかかるだけだからなんとかして手放したいという人に向けて、手放すための具体的な方法を2つ紹介回は相続した使わない土地・不要な土地を手放す方法を解説したいと思い … さらに、山林・原野に関しては、「山いちば」という山林の売買仲

山林 放棄

田舎に空き家や所有権不明の土地が増えたことから、法務省では家・土地の所有権を放棄することを日本は先進国の中で有数の山林大国であり、水源保持や木材資源の育成といった国土保全に重要な役割を果たしています。 しかし、山林は日本の

山林 相続放棄 管理責任

相続放棄は、被相続人に多額の借金がある場合だけでなく、被相続人が空き家や山林を所有しており、それらを相続したくないという理由でも行わ相続放棄によって相続人がいない場合、相続財産の管理責任は誰が負うべきか。相続財産の管理義務と管理人の選任につい

山林所有 リスク

山林を相続したものの、処分できずに困っている女性がいる。また、所有者がいない宅地の土台が雨で崩れ、町道をふさいでしまった一方、山林は森林法という別の法律により、「保安林」に指定されていることが … もし、それを所有したまま亡くなれば、相続されることになります