事故物件の告知事項とは?説明義務はいつまで?賃貸と売買の違い

告知事項やいつまで説明義務があるのかを説明します。 売買と賃貸の違い

事故物件 告知事項 いつまで 売買

知義務の事案がある場合は、隠さず告知。告知書類への記載も行う。 ○賃貸借取引の場合、告知義務は原則3年だが、売買取引は告知義務が継続する告知事項ありの物件は、一般的に『事故物件』『心理的瑕疵物件』『訳あり … 不動産の告知事項説明義務違反の判例において

事故物件 一度住めば

事故物件』や『心理的瑕疵物件』を見つけるために、某有名事故物件サイトを使う方もいるでしょう … しかし、不動産会社の中には「一度誰かが住めば、いい少し前に『事故物件住みます芸人』として、あえて事故物件に住んでネタ … これまでは、賃貸借契約の場合、事故物件一度誰かが

事故物件 告知義務 何年 売買

事故物件の中で最も知られているものは「告知義務」でしょう。 … 借主も、3人の入居者がいても、事故から何年経っても抵抗を感じる入居者もいます。たとえば、室内での自然死や事故について、何年前のものまで告知するかといった判断が現場の判断となり、似たようなケースでも告知されることもあれば、告知されない …

事故物件 告知義務 時効

不動産を売却する場合、原則として告知義務時効はない。 · 賃貸契約の場合は3年で時効になるが、心理的瑕疵の大きさによっては長くなる。個人により心理的瑕疵の存続期間も異なることから、明確な時効は存在しません。 古くからの不動産業者の間では、「事故物件時効10年説」

事故物件 告知義務 なくなる

老衰や病気などの自然死、日常生活で起こった不慮の事故は、当然予想される一般的なものとして告知の必要はないとされています。しかし、発見が遅れた なお、賃貸物件告知義務はおおむね3年とされていますが、借主から聞かれた場合や、社会的影響が特に大きい事件などは、経過年数にかかわらず