孤独死があったとしても必ずしも事故物件とはいえない!ケース別に解説

孤独死した物件が、 事故物件になるケースとならないケースについて

 

孤独死 事故物件にならない

自殺があったマンション、孤独死した戸建てなど、多くの事案を経験してきましたが、金額次第では売却は十分に可能です。事故物件がある病死が起きても事故物件にならないケース … 孤独死などでニュースや新聞に取り上げられた; 遺体の発見が遅れ事件性が疑われた; 室内に異臭や汚

孤独死 事故物件 基準

亡くなってすぐに発見された孤独死は、心理的瑕疵には該当せず事故物件になりません。 家族や友人と連絡がとれていて、行き来がある人でも事故物件になる基準は? — しかし、孤独死の場合、どの程度だと「すぐに」発見されたかどうかの基準が定められているわけではないので注意が必要で

孤独死 物件 お祓い

そのマンションの一室で、これからお祓い(おはらい)が行われようとしていた。 なぜ、こんな場所でお祓いなのか。自殺や殺人事件、事故死……こうした事件の起こった物件は、いわく付きの事故物件として格安で売り出されます。 昨今は高齢者の孤独死も増えておそれ

孤独死 告知義務 ガイドライン

故物件はメディアでもよく取り上げられており、貸主側の誤解が不動産取引の大きな障害となっている。 特に賃貸物件では、オーナーが「高齢者の孤独死がご存じのとおり、賃貸住宅における自殺や孤独死などのいわゆる「事故」は、一度起きてしまうと告知義務の対象となり、「家賃

孤独死 家 どうなる

 親や兄弟、親戚などがすでに他界しており、結婚もしていないため身寄りが一人もいない…。 こういった状況で死亡した場合、その遺産の行「土地家屋がどうなるか?」という点ですが、これはマンション、一戸建てどちらでも変わりはありませんのでローンの残があるかないかという視点で回答させてもらい