外壁のシーリング(コーキング)の劣化は防水力の低下!雨漏りに気をつけろ

劣化したシーリング(コーキング)は防水効果が落ちているので雨漏りから家を守れません。

 

シーリング(コーキング)劣化 放置

コーキング劣化にも注意 — 劣化したコーキングは弾力が失われて、ひび割れが起き、縮んで剥がれ落ち、サイディングの繋ぎ目には隙間が空いてしまいます。目地コーキングの役割はズバリ「防水」です。 劣化放置すると、防水機能を果たせなくなった目地から. 雨水が侵入して、雨漏りや建物の腐食に …

シーリング(コーキング) 劣化 原因

 コーキング劣化原因 · 耐ムーブメント力がなくなることによるコーキングの剥離や亀裂 · 可塑剤が流出によるシーリング材が硬化 · 紫外線劣化による劣化サイディング外壁の建物で最初に傷み出すのが、シーリング部分だと言われています。なぜシーリングは劣化してしまうのか、症状別に原因と劣化対策についてご説明 .

 

外壁シーリング(コーキング)寿命

 外壁塗装の寿命を延ばすのに、劣化したシーリング(コーキング)の補修は必須です。 シーリングは劣化すると防水性を失っていき、雨水の浸入を許すように外壁コーキング寿命は、5~10年程度とされています。「もっと長持ちしないものか」と思ってしまいますが、寿命が短いのには理由があります。

シーリング(コーキング)の必要な外壁、使わない外壁

シーリング(コーキング)の必要な外壁使わない外壁. あなたのマイホームはどんな外壁材をお使いでしょうか。 外壁材によって、シーリングコーキング)の必要なサイディングやタイルなどの外壁材でコーキングは主に使用されていますが、このような外壁材は複数のボードやパネルなどを貼り付けて仕上げるため、 ..