外壁のチョーキング現象を放置することのリスク!白い粉に気をつけろ

チョーキング現象を放置しておくと壁がひび割れを起こす可能性が高くなります。

 

外壁のチョーキング現象を放置することのリスク

チョーキング放置していますと 外壁材の防水性能の低下し 外壁材に水分を吸収して取り返しのないことになる場合が有ります家の壁を触ると白い粉が付くようになってしまった…。この白い粉(チョーキング現象)についての解説と、そのまま放置してしまうリスクについて紹介

チョーキング現象  白い粉

外壁塗装が紫外線などで劣化すると、塗料の顔料が分解されて 、チョーキング(白亜化 ) という白い粉が吹き出す現象が現れます。チョーキングは外チョーキングは塗装の表面が紫外線や雨風に晒され、塗膜が劣化して粉状になることで発生します。 チョーキング現象が起こっている場合は塗装の防水性や耐久性が落ちている …

外壁 触ると 白く なる

薄くなった塗膜表面が劣化し、ひからびて白い粉になる。 強い雨や……(以下繰り返し). 上記の流れを繰り返していると、先述したように、いずれは外壁 古いお宅の壁を触ると手につく白い粉、これはチョーキング現象という壁の劣化サインです。この緒0キングがなぜ発生するのか、その原因と理由、そして …

チョーキングの上に塗装

チョーキング粉の上から そのまま塗装することが“良い”わけがありません。 「塗るものの表面をなるべくキレイにすること」を目的とした場合,高圧洗浄が有効そもそも、チョーキングが発生している外壁は塗装面が白い粉を吹いた状態です。 塗り替えの際にチョーキングの上から、 そのまま塗料を塗ると後に塗っ ..

外壁 チョーキング 落とし方

こうなると個人ではどうにもなりませんので、業者に壁の塗り替えを依頼する必要があります特にサビや塗料の変色、チョーキングなどが見られる場合は、そろそろ外壁塗装のタイミングかもしれません。リフォーム時期までまだ余裕