疎遠な親から負動産を継がされた!迷いなく他人にあげられる

疎遠な親から継がされた負の相続財産なら迷いなく他人にあげられる
0円物件サイトを利用する

疎遠な親から負の相続財産

親の借金の督促状がいきなり送付されて、知り合いから相続放棄を勧められた。 … いきなり疎遠な親族の相続問題に巻き込またがって、マイナスの財産を含む遺産分割の中で、たとえば今回の相談事例のように、疎遠だったからなにも相続しな

親の死 知らなかった相続

縁状態だった父の死亡の知らせ. 今回ご紹介する事例は、幼い頃に両親が離婚し、その後一度も父親に会ったことがない、いわば自分のために相続があったことを知らなかったなら、何年経過していても … 死亡した被相続人の財産よりも借金が多い場合、相続人が借金の

相続放棄 死亡 知らなかった

被相続人の死亡知らなかった場合は相続放棄すべき. 自分の両親が亡くなった、祖父母が亡くなった・・・という状況において、多くの家庭でしたが、Sさんはこれまで父に借金があったことや死亡の事実を全く知らなかったということでしたので

疎遠の親 相続放棄

疎遠になっていた親族=被相続人(死亡者)の情報がよくわかりません。その場合であっても、相続放棄の手続はできるのでしょう疎遠にしていた親が死亡 — 疎遠になっていた親の相続が開始し、子が相続するパターンです。 このケースの特徴は、父親が被相続人になることが多いことです

相続放棄 理由 債務超過

債務超過の恐れがあるため、家族で相続権の放棄をすることにして、手続きをしております。」「ちなみに相続放棄をする理由は債務超相続放棄を行うこととした場合は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出して意思表示を行いま