隣近所に空き家が増える理由は核家族と少子高齢化が原因

いつの間にか周辺に空き家が増えていた。その原因は核家族と少子高齢化が原因とのこと。どうなるニッポン。

 

空き家が増える理由 核家族

 空き家増え続けています。2018年に846万戸となり、住宅総数の13.6%にもなっています。空き家率の高い都道府県総務省空き家が増える理由の一つに、相続問題があります。 核家族化の進展により「親は親の家に、子は子の家に」という構図が当たり前になり、二世帯住宅や三世帯住宅は少し …

空き家が多い地域

そのため、国土交通省はこうした倒壊の恐れや地域の景観上問題のある家 … 最も高く、人口が多いにも関わらず空き家の数が多いことを示しています空き家の内訳をみると、もっとも多いのは「賃貸用の住宅」で、432万7,000戸(総住宅数に占める割合6.9%)

空き家が多い地域 理由

過疎化や高齢化が進む地方では空き家率が増えるのも想像がつきます。空き家には別荘なども含まれるので、山梨県や長野県などは別荘住宅も空き家に含まれ、ボロボロになった建物を想像する方が多いかもしれませんが、「賃貸用の住宅」や「売却用の住宅」、避暑や保養を目的とする「二次的住宅」

空き家が増えるとどうなる

空き家を放置し続けたままだと、いずれ多額の税金がかかってしまうリスクがある … そして人口が減少して住宅の需要が減っていくなか、空き家が増える一方で供給が .— 空き家が増える背景には、少子高齢化による人口減少や核家族化、中古物件の資産価値が低く売却できないなどがあります。人口は減少していても核家族化

空き家 放置 理由

あの空き家、何とかならないのかな?」──放置されて何年も経過した家は朽ち果てて、街の景観を損なうだけではなく、治安悪化にもつながりかねない 庭の草木は伸び放題で、窓はずっと締め切ったまま……そんな、あなたの近所にもきっとある人が住んでいる気配のない家。実は、日本は空き家